泣きたい日

泣きたいときには泣いていいはず

誰もその涙を咎めるものはいない

いっぱい泣いた後には何が残るかしら